読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼らは夜に名前を付けた。

アイドルとは、日常を特別な一日に変える優しさと強さを持つ人々のことである。

ジャニーズライブシート(経過報告その2)

 どんだけ時間かかってんだよと言う話ですが経過報告その2です。前回のはこちら。

comarisu.hatenablog.com

 

 前回は各グループごとに集計したので、今回はソロやグループ内ユニットを中心に集計結果を示します。以下に続く。

 

 

 ぶっちゃけ数が多いので今回は各一つずつではなく、まとめてコメントを付けていきます。個人名が出てきますが、ところどころ敬称を略させていただきます。あらかじめご了承ください。

 まずはソロ名義で活躍している山下智久さん、内博貴さん、中山優馬さんから。

 

<山下智久>

f:id:comarisu:20160805202010p:plain

<内博貴>

f:id:comarisu:20160805202133p:plain

<中山優馬>

f:id:comarisu:20160805202339p:plain

 会場サイズはいずれもホールサイズが多いという結果になりました。ソロコンサートの場合は、一人で会場の空気を動かす必要があるので、大きなサイズの会場よりもホールサイズの方が演出上やりやすい、また、ファン層が限られてくるので収容人数にこだわらなくてもいい、という理由があるのかもしれません。いずれにせよ、アイドルとファンが近い距離で楽しめるのが、ホールサイズライブの最大の魅力ですね。

 演出面に関しては三者三様の結果になりました。山下さんが芸術志向がかなり強め、内さんが楽しさ寄り、中山さんがバランスをとりつつ、どちらかというと芸術志向よりというところでしょうか。また、山下さんに関しては「山Pがもはや芸術」という意見が多数。すげぇな山P。いつか海割るよ。

 

 続いてはグループ内ユニット、20th Century、 Coming Century、テゴマスの3グループです。

 

<20th Century>

f:id:comarisu:20160805203335p:plain

<Coming Century>

f:id:comarisu:20160805203415p:plain

<テゴマス>

f:id:comarisu:20160805203443p:plain

 個人的に意外だったのはトニセンがお祭騒ぎ寄り、カミセンが芸術志向寄りだということでした。どちらかというとカミセンがきゃっきゃと楽しんでトニセンが大人の魅力を演出する方だと思っていたので…ただ、トニセンは三人とも芸達者な方なので、それこそ楽しい演出から魅せる演出まで、いろんな表情を出すことができるのかもしれません。いつぞやのときはディナーショー開いていたね…坂本くんと長野くんの披露宴やっていたね…それでいいのか、それでいいのかトニセン。こうなってくるとカミセンがめちゃくちゃ真面目に見えてくる。

 テゴマスの二人に関しては、確かな歌唱力に裏付けされた魅せる技術によりこの結果になったのでしょうか。気になったので画像検索をしてみたんですけれど、動物の着ぐるみを着た二人や魔法少年みたいな恰好をした二人が出てきたところで考えることをやめました。これ以上はなんか変な声出る。

 

 次はグループ内ソロです。これは人数が多いのでJフレ+タキツバ、YOU&J+Sexy Zoneでそれぞれまとめて結果を示します。

 

<坂本昌行>

f:id:comarisu:20160805204450p:plain

<堂本光一>

f:id:comarisu:20160805204524p:plain

<堂本剛>

f:id:comarisu:20160805204551p:plain

<今井翼>

f:id:comarisu:20160805204644p:plain

<滝沢秀明>

f:id:comarisu:20160805204710p:plain

 このグループの傾向としては、会場サイズ小さめ、そして芸術志向が強めのB(プロフェッショナルタイプ)が多いというところでしょうか。

 坂本さんに関しては先述のトニセンとは違う演出傾向を示しています。傾向としてはV6のライブの方が近い芸術志向といえますが、V6は世界観というよりパフォーマンスを魅せるライブなのに対して、坂本さん(というか今年のソロミュージカル「ONE MEN STANDING」)は地がミュージカルなのもあり、ストーリー性の強い世界観も重視された舞台だったのではないかと想像します。(参戦していない。)

 さて、堂本さん二人に関しては「芸術志向が二人とも強く、その違いは会場規模のみ」という意見がいくつか散見されました。二人に関しては私も昨年参戦したので雰囲気は未だに覚えています。私も、二人とも芸術志向の強いライブだなと思いました。ただ、どちらかというと光一さんは世界観やストーリー性、ダンスパフォーマンス等を含め、総合的な演出に力を入れていて、対して剛さんは音楽にかなり力を注いでいる印象でした。演出の性格に関しても、光一さんはスマートでスタイリッシュ、それこそ人間味すら忘れそうな、洗練された印象を受けたのですが、剛さんは生身の人間や生音の暖かさとか、ちょっと外した遊び心とか、そういうものを楽しませている印象でした。同じ芸術志向の二人ですが、演出的性格が異なるのは、見ていて面白かったですね。

 今井さんと滝沢さんの二人に関しては観に行ったことはないのですが、結果を見た感想としては二人のライブを観に行った時の印象そのままでした。今井さんが芸術寄りで、滝沢さんが遊び心ある感じで。二人のライブを観たとき、今井さんが一つ一つの身のこなしをかっこよく決めていて、滝沢さんがひたすらに愛嬌のあるイメージを抱いたのですが、それが今回の結果に納得してしまう理由なのかなと思います(あくまで憶測ですが…)。

 

<渋谷すばる>

f:id:comarisu:20160805210306p:plain

<横山裕>

f:id:comarisu:20160805210333p:plain

<大倉忠義>

f:id:comarisu:20160805210408p:plain

<上田竜也>

f:id:comarisu:20160805210532p:plain

<中島健人>

f:id:comarisu:20160805210740p:plain

<菊池風磨>

f:id:comarisu:20160805210814p:plain

<佐藤勝利>

f:id:comarisu:20160805210841p:plain

 すみません、このサンプルとるまで横山さんと大倉さんがソロコンやっていること知りませんでしたorzただ、こうしてサンプルをいろんな人から募ってみると自分が知らなかったことを知る機会になっていいですね。

 さて、関ジャニ∞の三人ですが、いずれもCゾーンの票が入っていて興味深いです。サンプル数が少ない上にあくまで想像ですが、やはり関ジャニ∞さんは"楽しむ"という姿勢を大切にしているのかなぁという印象です。本当にあくまで想像ですが。渋谷さんとか、音楽に対するこだわりが強そうだからもっと芸術志向よりになってもおかしくないという予想だったのですが、中央あたりに票が寄ったのはそういう気質がどこかにあるからなのかなぁと思ったり…。いや、単純に会場がライブハウスだから演出がシンプルになるというのもあるかもしれない。

 上田竜也さんはかの有名な「MARIE ANTOINETTE」のイメージが強く、グループ内で出したソロでもキャラクター性の強い曲を多く演じているため、世界観重視型のライブのためこの結果が出たのかと。かと思えば瓦割りしたりキグルミ着て寝転がったりするから自担ながらよくわかんないなぁ……。現在KAT-TUN充電期間なのでソロコンやるなら今じゃないのかな?と思っているんですけれどそこんとこどうなんでしょう。ボクシングやるのかな。

 Sexy Zoneの三人ですが、まことに勝手ながらこのグループはソロコンを割と頻度よくやるグループというイメージでした。多分流れてくるレポのせい。ツンデレスティックパイナポー。

 結果を見る限りでは、中島さんと佐藤さんが中央寄りのバランス型、菊池さんが芸術志向よりという結果で、会場規模はいずれもホールです。Sexy Zone自体がお客さんに寄り添ったライブをするのでソロコンがホールサイズなのもしっくりくる。デビューして間もないグループなので、グループ自体もメンバーそれぞれの活躍も、楽しみですね。

 

 ここまで書いていて思ったんですけれど、ソロコンやグループ内ユニットのコンサートほとんど行ったことない上に、グループと比べてコンスタントな活動じゃないから次いつ行けるか分からないのが胃が痛くなってくる。しかも大半が円盤化されていない。もう辛すぎない?なんで上田竜也のマリアン映像に残ってないの?今後彼がソロコンやったとしても出てくるのマリーちゃんじゃなくて城焼いた龍組族長だから絶対にどとみれねぇじゃん辛い。

 あ、KinKi Kidsさんは今年の調子でグループライブ増やしていただけると嬉しいです。何卒~。

 

  次はジュニアに…という前に、前回グループ一つ抜けてしまったので、今更になってしまいますが掲載いたします。

 

<少年隊>

f:id:comarisu:20160805213217p:plain

 すごくうっかりしていた…前回ジャニーズネットの名前順で入れていたのですっかり油断していた…。

 時代背景もありますが、少年隊のライブは他のグループでもあまり見られない、プロフェッショナルタイプ(Bゾーン)の傾向があるライブです。サンプル数が少ないのが惜しいですが、ライブがいくつかDVD化されているので気になる方は見てみるのもいいかも…。

 

 最後に、ジャニーズJr.のサンプルもいただいたので、そちらの集計結果を紹介いたします。

<ジャニーズJr.>

f:id:comarisu:20160805213807p:plain

<関西ジャニーズJr.>

f:id:comarisu:20160805213842p:plain

<Snow Man>

f:id:comarisu:20160805213933p:plain

 私、ジャニーズJr.のことはほとんど分からないし、近い友人には「ああ、Jr.沼?一番深くて恐ろしい沼だね。沈む時は覚悟しな」とハードボイルドなことを言われているので「まじでやべぇんだな」という認識しかなかったのですが、こうしてみると関東勢と関西勢で傾向に大差はないのですね。Snow Manさんは確か昨年末だか今年頭だかのCDTVで拝見した記憶があるんですけれど、アクロバット凄まじいですよね…前述の近い友人が「職人系Jr.」と呼んでいたのでなるほどなぁと思います。

 

 以上です。

 今回集計した結果だと、やはりソロになると会場規模が小さくなること、また、右下(Bゾーン)が多くなることがわかりました。グループ分の集計が一通り終わって分かったのですが、グループライブになるとBゾーンのライブがかなり少なくなるんです。来週あたりに完成版上げられると思うのでその際に確認していただきたいのですが、グループライブではなかなかできない小規模会場での芸術性の高いライブを、ソロコンで補っているのかなと考えます。意図的にしろ偶然にしろ、グループライブとソロコンを合わせて全ライブ傾向を抑えているのが興味深い。

 分からないこと(検証できないこと)多すぎて前回に比べて内容すっかすかですみません。一応今のところ、こんな感じです。ソロコンに関してはカバーしきれていないものが多いため、どう掲載させるか、どこまで掲載させるかはまだ検討中です。来週にはたぶん終わります。もうしばらくお待ちを…。